VanApp Blog

2019.05.08

bitter

スマホ決済アプリ おすすめ7選【2019年版】

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは「スマホ決済」を活用していますか?
スマホ1つでスムーズな会計ができるスマホ決済は、現金を持ち合わせていない時はもちろん、急いでいる時や旅行先でも活躍しますよ!


今回は、様々なスマホ決済アプリの中から、おすすめのアプリ7つをまとめました。どのサービスを利用するか検討中の方は、ぜひ参考にしてください。



Apple Pay

ウェブページ

iPhone 7以降のiPhoneか、Apple Watch Series 2以降のApple Watchに搭載されている「Wallet」アプリに、Suicaやクレジットカード、プリペイドカードを登録すれば利用できます。Suicaを登録すれば、改札にスマホをかざすだけで決済完了!


【支払い方法】
1.支払う電子マネーを店員に伝える
 (Suica、iD、QUICPAYのいずれか)
2.Touch IDに指を乗せ、端末をリーダーにかざす
 ※アプリに複数のカードを登録している場合は、
 事前にアプリで指定する必要がある


【利用可能な支払い元】
Suica、クレジットカード、プリペイドカード


【おすすめポイント】
・Suica 対応の交通機関でのスムーズな利用、チャージが可能
・Suicaやクレジットカード以外にも、ポイントカードやギフトカード、搭乗券などもまとめられる




Google Pay

ウェブページ / Android

Android端末を持っている人はこちら。Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayの電子マネーが使えます。QUICPayを利用することでクレジットカードの登録もできますが、店舗払いに対応しているか確認が必要です。Apple Payと同様、Suicaにも対応しているので、改札ではスマホをかざすだけで大丈夫!Tポイントやdポイントも貯められますよ。


【支払い方法】
1.支払う電子マネーを店員に伝える
 (suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayのいずれか)
2.端末をリーダーにかざす


【利用可能な支払い元】
Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayの電子マネー


【おすすめポイント】
・Suica 対応の交通機関でのスムーズな利用、チャージが可能
・Tポイントとdポイントにも対応




PayPay

ウェブページ / iPhone / Android

ヤフー株式会社とソフトバンク株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社が運営しています。去年「100億円あげちゃうキャンペーン」が話題になり、知名度が高くなりました。好評につき第二弾のキャンペーンが実施中です。


【支払い方法】
1.PayPayで支払う旨を店員に伝えて、アプリを起動する
2.お店のQRコードをスキャンするか、バーコード画面を提示する


【利用可能な支払い元】
銀行口座、Yahoo!マネー、クレジットカード


【おすすめポイント】
・「わりかん」機能を使えば、割り勘の管理や集金がスムーズに
・キャンペーンを利用してお得に買い物ができる




d払い

ウェブページ / iPhone / Android

dアカウントとクレジットカード情報を登録すれば誰でも利用できますが、ドコモの回線契約がある人は、毎月のケータイ料金に合算することができます。支払いにdポイントが利用でき、また、支払い金額200円につき1ポイントが貯まるので、dポイントを使いたい人や貯めたい人にオススメです。


【支払い方法】
1.d払いで支払う旨を店員に伝えて、アプリを起動する
2.アプリに表示されるバーコードまたはQRコードを提示する


【利用可能な支払い元】
クレジットカード、ケータイ料金合算


【おすすめポイント】
・dポイントを貯めたり使ったりできる
・ドコモの回線契約があれば、チャージ無しにケータイ料金とまとめて払える
・限度額の設定ができるので、使いすぎを防止できる




Origami

ウェブページ / iPhone / Android

スマホ決済だけでなく、取り扱い店舗で使える「Origami」限定のクーポンを配布しています。中には定価の半額で購入できるものもあり、吉野家やローソンでクーポンを利用するユーザーが多いようですよ!「アイコンやアプリ名がおしゃれ」とデザインも好評です。


【支払い方法】
1.Origamiで支払う旨を店員に伝えて、アプリを起動する
2.お店のQRコードをスキャンするか、バーコード画面を提示する


【利用可能な支払い元】
銀行口座、クレジットカード


【おすすめポイント】
・オリジナルのクーポンが使える
・その場で割引が適応される




楽天ペイ

ウェブページ / iPhone / Android

楽天IDとクレジットカードの設定をすれば利用できます。楽天ポイントを貯めたり使ったりできるので、楽天市場でよくネットショッピングをする人にオススメ。支払い金額200円で1ポイント、さらに支払い元を楽天カードに設定すると、支払い金額100円ごとに1ポイント貯まります。1ポイントは1円相当として使うこともできますよ。


【支払い方法】
1.楽天ペイで支払う旨を店員に伝えて、アプリを起動する
2.お店のQRコードをスキャンするか、バーコードまたはQRコード画面を提示する
(一部店舗では、アプリ上で支払うお店を選択し、自分で支払う金額を入力して支払えます)


【利用可能な支払い元】
Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayの電子マネー


【おすすめポイント】
・楽天ポイントを貯めたり使ったりできる
・新機能「楽天キャッシュ」で家族や友人に送金できる




LINE Pay

ウェブページ / iPhone / Android

LINEでLINE Payに登録し、銀行口座やコンビニなどでチャージすれば利用できます。LINE Pay加入の友だち間では、銀行口座の情報不要で送金や割り勘が手軽にできるのも嬉しい機能。アプリ内のマップで、LINE Payが使える近くのコンビニやレストランなどをすぐに確認できますよ。


【支払い方法】
1.LINE Payで支払う旨を店員に伝え、アプリを起動する
2.お店のQRコードをスキャンするか、QRコード画面を提示する


【利用可能な支払い元】
銀行口座、LINE Pay カード、コンビニでチャージ


【おすすめポイント】
・LINEの友だち同士なら手軽に送金、送金依頼、割り勘までできる
・LINE Payアプリのみのお得なクーポンを配信中
・支払い毎にLINEポイントが貯まる!




あなたにオススメのスマホ決済サービスは?

どんな人に、どのスマホ決済サービスが向いているのか、簡単にまとめました。まずは、使用している端末や普段貯めているポイントなどから、自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。


◆iPhoneやApple Watchユーザー
 →「Apple Pay」

◆Androidユーザー
 →「Google Pay」

◆ドコモの回線契約がある人
 →「d払い」

◆普段楽天市場でネットショッピングをしたり、楽天ポイントを貯めている人
 →「楽天ペイ」

◆LINEの様々なサービスを利用してポイントを活用している人
 →「LINE Pay」

◆話題のキャンペーンに応募したい人
 →「PayPay」

◆会計時に割引価格で購入したい人
 →「Origami」

スマホ決済を活用している人の中には、複数のサービスを利用している人も多いようです。入会金や手数料が発生しないので、複数のサービスを試しに使用してみると良いかもしれません。
今後さらに普及し、使える場所も増えていくスマホ決済。ぜひ、お試しください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

関連記事

VanApp とは

VanApp は、フェンリルのクリエイターたちが、自分の想い・アイデアをそのままカタチにするところです。
「最新の技術を試してみたい」「とにかく面白そう」「つい作っちゃいました」など、込められた想いはさまざま。細部まで作り込んだアプリもあれば、勢いだけで作り上げたような荒削りなアプリもあります。
フェンリルの個性とは異なった、クリエイター自身の個性をどうぞお楽しみください。

  • bitter

  • Dr. Swing

  • Logo.

  • カラクロ

  • Shift Work Style

  • CLERK

  • カシャポン

  • Shanky

もっとアプリを見る