VanApp Blog

2016.03.29

Logo.

目の付けどころがニッチすぎる B 級マップ 3 選

このエントリーをはてなブックマークに追加

Logo. で見れるマップで、目の付け所がニッチだな…と思うものを独断でピックアップしました。ありふれない観光を楽しんでみませんか?以下からさっそくどうぞ!

全国キノコ公園マップ

公園に設置されている、キノコの形をしたあらゆるものをとにかく集めたマップです。
とにかく数がすごい。北から南まで、全国にこれだけのキノコが設置されているんですね。

地図の画像

しかし、なぜこんなにも公園にキノコの遊具が多いのでしょうか? マップを見ると、赤や緑で斑点がついたキノコが多いですね。

出典:http://chachainn.com/days/index104.html

これに似た実在のキノコといえば、毒キノコとして有名な「ベニテングタケ」です。
ベニテングタケは、欧米では「幸運の象徴」とされ、童話の絵本によく登場するようです。公園にメルヘンらしさを与える役割なのでしょうね。

Amanite tue-mouche.JPG

出典:https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=167976

いろんな滑り台

公園でわりとよく見かけるタコ型から、シーサーみたいなご当地ものも紹介されています。

タコの画像 シーサーの画像

ちなみにこのようなタコの滑り台、正式名称はタコの山」といい、1960年代に前田屋外美術株式会社(当時の社名)によって作られた遊具です。

もともとは「石の山」という、複雑にうねうねした抽象的な滑り台が原案だそうですが(下の写真)、売り込み先で「頭をのせたらタコになる」と言われたのをきっかけに、「タコの山」に変貌したということです(諸説あり)。

出典:http://www.e-maeda.co.jp/story/001.html

以下のサイトで、詳しい誕生秘話が読めますよ。
タコの山のすべり台:前田環境美術株式会社

懸垂式歩車一体型信号機のある場所マップ

歩車一体型信号機」とは、文字通り自動車用と歩行者用信号を合体させた変態信号機です。
このマップでは宮崎県のみ情報があります。珍しい信号機ですが、28個も設置されているようです。結構需要があるんですね。関西ではまだ1回も見たことないなぁ…。

地図の画像

写真は、懸垂式歩車一体型の世界では有名(?)らしい名古屋・大須の信号機。視覚障がい者用のスピーカーまで一体化されている優れものです。

Osu-shingo.JPG

出典:https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=17664915

しかしこれは昔のもので、現在は以下のような LED の信号機に置き換えられています。いちおう一体型の体は保っていますが、なんかごちゃっとしていますね。前の方がシンプルでよかった…。

いかがでしたか? 遊具や信号機などは身近なものですが、やたら細かい部分を切り取って突き詰める人がいて面白いですよね。そういうものがあなたの近所にもあるかもしれませんので、ぜひマップをチェックしてみてください!

全国キノコ公園マップ – Logo.Web

いろんな滑り台 – Logo.Web

懸垂式歩車一体型信号機のある場所マップ – Logo.Web

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

関連記事

VanApp とは

VanApp は、フェンリルのクリエイターたちが、自分の想い・アイデアをそのままカタチにするところです。
「最新の技術を試してみたい」「とにかく面白そう」「つい作っちゃいました」など、込められた想いはさまざま。細部まで作り込んだアプリもあれば、勢いだけで作り上げたような荒削りなアプリもあります。
フェンリルの個性とは異なった、クリエイター自身の個性をどうぞお楽しみください。

  • Dr. Swing

  • Logo.

  • カラクロ

  • Shift Work Style

  • CLERK

  • カシャポン

  • Shanky

  • クイックリマインダー

もっとアプリを見る