VanApp Blog

2016.03.30

カラクロ

大事なのは文字よりも「色」!これを読めば「色」に対する意識が変わる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは日常生活において、無意識に「色」でモノを認識・判別しています。大事なのは「文字」だけではありません!実は「文字」よりも「色」の方が、瞬時にわかりやすく情報伝達をしてくれます。身のまわりにあるモノを見れば、「色」の役割や重要性がわかりますよ。これを見れば「色」に対する意識が変わります!!

信号機 :「色」は「文字」よりも見やすい

 

毎日見る信号機。「青」は「進め」、「赤」と「黄」は「止まれ」という意味ですが、なぜ文字ではなく「色」なのでしょうか?
それは、遠くからでも見えやすく、識別しやすくするためです。赤・青・黄の 3 色は、特に色の波長が長く、遠くからでも見えやすいそうです。

男女の色 : 分かりやすい「男 = 青」と「女 = 赤」

 

トイレの男女別標識について )

子供服やおもちゃを見てみると、男の子のモノは「青系色」、女の子のモノは「赤系色」が一般的ですよね。それだけではありません。トイレの男女標識も、男性が「青」か「黒」、女性が「赤」です。昔テレビで、トイレの男女マークの色を逆にするとどうなるか、という実験が実施されていました。男性を「赤」、女性を「青」にすると、驚くことに、日本人のほとんどの人が、間違ったトイレに入ってしまったそうです。

温度の色 : イメージしやすい「熱 = 赤」と「冷 = 青」

お風呂の蛇口は、お湯が出る方が「赤」、水が出る方が「青」ですよね。私が昔住んでいたアパートは、蛇口の色が剥げていて、どちらがお湯から分からず、慣れるまで苦労した事を覚えています。熱い・冷たいの違いは「赤」と「青」で区別する。これも私たちの脳に刷り込まれています。

コンビニの店舗の色 :「色」は記憶しやすい



出典:http://toironcd.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

私たちはコンビニも「色」で判別しています。「青」はローソン、「青と緑」はファミリーマート、「赤、オレンジ、緑」はセブンイレブン!あなたはコンビニ各社の看板の絵柄を正しく描くことができますか?おそらく鮮明には描けません。なぜなら、私たちは絵柄よりも「色」に注目して記憶しているからです。

【実証】 みんな文字よりも「色」を優先している

出典:http://iro-color.com/questionnaire/ranking/stroop.html

上の画像は色と色名を矛盾させたものです。テレビやゲームなどのクイズで見たことがありませんか?色と色名を矛盾させた時、人は「色」を優先させることがわかっています。やはり、文字よりも「色」で瞬時に区別しているという事ですね。

何よりも見やすく、分かりやすく、記憶しやすいのが「色」

以上のことから、色は「見やすい」「分かりやすい」「記憶しやすい」がために、人はまず「色」に注目しているのです。これを上手く利用して、 スケジュール帳や企画書などの資料は、文字ばかりではなく「色」をつけて見やすくしたり、整理整頓も「色別」にしてみましょう。今までよりも、快適な生活がおくれるかもしれません。


ファッション管理アプリ カラクロも、服を「色」で整理するアプリです。これまで「色」を軸に管理・整理していなかった人は、ぜひ一度使ってみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

関連記事

VanApp とは

VanApp は、フェンリルのクリエイターたちが、自分の想い・アイデアをそのままカタチにするところです。
「最新の技術を試してみたい」「とにかく面白そう」「つい作っちゃいました」など、込められた想いはさまざま。細部まで作り込んだアプリもあれば、勢いだけで作り上げたような荒削りなアプリもあります。
フェンリルの個性とは異なった、クリエイター自身の個性をどうぞお楽しみください。

  • Dr. Swing

  • Logo.

  • カラクロ

  • Shift Work Style

  • CLERK

  • カシャポン

  • Shanky

  • クイックリマインダー

もっとアプリを見る